うつ病は沢山の方がなっているからこそ、油断は禁物

心の診察

ストレスが原因

うつ病とは何が原因なのか

うつ病は近年では珍しくない病気になってきました。 うつ病とは気分の障害を基本とした精神的な障害と睡眠不足や頭痛などの身体的な症状がでる病気です。 うつ病になってしまう原因としてはストレスが主な原因として言われています。 ストレスにも様々なものがあり人間関係などを基本とした精神的ストレスや、背骨や骨盤などの体のゆがみによる構造的ストレスや栄養素の不足から生じると言われる化学的ストレス、気温や気圧によりストレスを感じる温度のストレスなどがうつ病の主な原因と言われています。 なぜストレスが原因でうつ病になるかというと自律神経の乱れがストレスの原因といわれています。 自律神経の乱れを改善するには睡眠に一番効果があり、心を落ち着かせ寝ることで心の乱れも落ち着き安定してきます。

改善するためにするといいこと

うつ病は心の乱れが原因でストレスがたまり発症してしまう病気です。 もしうつ病になってしまったら心を整えることが必要です。 一日の中で起こったことを次の日まで引きずったりすると中々症状が改善されにくくなってしまうので、その日のうちに忘れられるようにすることが大切です。 心を整える方法として1日10分、5分でもいいので心を整える時間を作ります。 そして頭に浮かんできたイメージなどを海などに流すイメージを持つことです。 最初は様々なイメージが浮かんできたりするかもしれませんがそれらを受け流すことを繰り返し行うことをしていくのが気持ちをリセットできる方法としてうつ病に効果があると言われています。 このように1日の時間のうちほんの少しだけ工夫して時間を作ることでうつ病の改善につながっていきます。