うつ病は沢山の方がなっているからこそ、油断は禁物

心の診察

些細な原因

うつ病の原因は些細なことから

ストレス社会とも呼ばれている現代。今の時代はさまざまな原因によって、うつ病の発症の可能性が高まっています。実際には、どのような原因が考えられるのでしょうか。 特に、うつ病の症状が多く見られるのは、働き盛りの社会人です。現在は情報やサービスが多様化し、さまざまな面でサービスの質を求められるようになりました。そのため、小さなミスでも大きな問題と扱われ、仕事での精神的な負担やプレッシャーが大きくなっていると考えられます。そのため、仕事や対人関係によるストレスが原因となって、うつ病を発症してしまうケースがあります。このように、うつ病の原因としては、精神的に負担の大きいストレスなどが関係しているようです。特に、社会人などは、ストレスの多い環境で過ごしている傾向が多く見受けられます。

1人で抱え込まないように

うつ病の原因となってしまう一番の問題点は、ストレスなどを自分1人で抱え込んでしまうことです。1人で悩んでしまい、自分はもうダメだと思い込んでしまうのは、大変危険なことです。 もし、うつ病の疑いや可能性があるなら、無理せず休息を取りましょう。まず、今置かれている環境から距離を置いてみるのも良い方法です。また、可能であれば、信頼できる人などに相談してみましょう。急に精神科や心療内科を受診するのが不安な場合は、身近な人に話を聞いてもらうのも効果的です。溜め込んでいるものを、少しでも減らすように心がけましょう。 そして、うつ病の治療には、自分を深く見つめ直すことが大切です。しかし、まだ精神的に不安定な場合は、早く治療しようとせず、ゆっくり様子を見て治療を進めていくことが大事です。うつ病は心の病気でもありますので、少しでも早く心を軽くできるよう、取り組むことが大切です。

冬季うつ病を改善させる方法

うつ病は患者本人も周囲の人も、負担が大きい病気です。 そのうつ病の中でも特に季節性の冬季うつ病というものがあるのです。冬季うつ病の原因は日光を浴びる時間が少ないことで、体内で分泌されるメラトニンが少ないことだと考えられているのです。メラトニンとはホルモンのことで、体内時計をコントロールしているのです。メラトニンが分泌されるおかげで、睡眠と覚醒が整えられ体調を整えることが可能となるのです。 一度冬季うつ病が発症してしまうと、毎年同じ気になると発症するとされているのです。 冬季うつ病を未然に防ぐため、あるいは発症した方が冬の間快適に過ごすためには、原因を知れば対策が可能です。つまり日光浴をするか人工光を浴びることで、メラトニンの分泌を促せばよいのです。

光照射治療にかかる費用

冬季うつ病では、光を浴びないことが原因と考えられているので、光照射治療が行われるのです。 自然光で日光浴をするのであれば、費用は掛かりません。しかし、人工光を浴びて治療する場合には、その費用が掛かります。 まず、病院などでは光線療法などと呼ばれるのですが、1回あたり3000円から4000円程度の費用がかかることになるのです。1回で終わるのではなく連日行って治療するものですから、合計するとかなりの金額がかかるのです。 費用がかかるし通院の手間もかかるので、専用の機械を購入して自宅で行うこともあるのです。高照度光照射装置と呼ばれる機械は、高ければ10万円以上するものですが、手頃な価格では3万円から5万円程度で購入することが可能です。 照射される光が強いと目を傷つける原因となるのです。ですから高照高照射装置では、目に優しい輝度に調整されているので、安心して使用することが出来るのです。